ロレックスが高い理由
ロレックスの歴史と発明
ロレックスのスポーツウォッチ
クロノメーター認可!「エクスプローラーII」
スポーツウォッチなら「タグ・ホイヤー」

ロレックスは腕時計に興味が無い人でも知っている数少ない腕時計ブランドだと思います。
そのロレックスの歴史と発明をご紹介していこうと思います。

1908年にロレックスはスイスで創立。
今となっては全世界に支社があり、日本ももちろん例外ではなく「日本ロレックス」があります。

ロレックスのイメージは「お金持ちが持つ高級腕時計」というイメージが先行していますが、実は今の腕時計業界が当たり前に仕様している機能を3つ発明したブランドなんです。

オイスターケース
これは防水機能を高める為に、ケースを金属の塊から削って作ることを開発しました。
そのケース裏はスクリューバックと言われ専用工具でなければ開けることはできません。
防水機能を共にロレックスの歴史があると言っても過言ではありません。
防水機能の特許はロレックスは持っているんです。

パーペチュアル機構
これは自動巻きの機能のことを指します。
今の時代の腕時計は自動巻きということが当たり前になっていますが、実はこの機能を開発したのはロレックスであり、1932年に特許申請も済ませています。
それまでは手巻き時計しか無く、腕につけた振動だけで腕時計が動くというのはまさに画期的な発明でした。

デイトジャスト機構
これは日付機能のことを指します。
これまた当たり前すぎてわからないと思いますが、24:00を境に一瞬にして日付が変わる機能、これはロレックスが開発し特許も取っています。
それまでデイト機能は存在はしていましたが、ゆっくり徐々に変わるのが通常であり、これは時間の狂いを起こす原因でもあったのです。
しかし日付の境にきっちりと変わることで時間の狂いを最小限にすることが可能になりました。

ロレックス
スポーツウォッチブランド
タグホイヤー
ご利用に関して
サイト責任者